運動やスポーツでよく聞く「パフォーマンスアップとは?

いつもお読みいただきありがとうございます!

東京の阿佐ヶ谷、武蔵小金井、大泉学園で活動しています
姿勢改善に特化した足育×ピラティスメインのトレーニングで
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
姿勢改善専門パーソナルトレーナーの松永大佑です。

初めましての方はこちらをご覧ください!
↓↓↓
プロフィール

私が情報を発信する時(ブログの文章、会話、音声)に大事にしているのが

言葉をきちんと「定義する」ということです。

言葉を定義するとは

その言葉はどういう意味をもって発信者は言っているのか?

僕が情報を受け取る側の時も

テレビなどのニュースや会話している時の言葉は

その言葉は何の根拠があって言っているのかはかなり意識して傾けて聞いています。

「その言葉間違った使い方していない?」

とたまに聞いたり、見たりして思う時があります。

僕の例で恐縮ですが

「からだ」という言葉ひとつとっても

文字にすると

「からだ」「カラダ」「体」「身体」

全部同じ読み方ですが、僕の中ではそれぞれに意味があって使っており

その使うべきシーンに応じて意図時に言葉を選んでいます。

ただ変換された時に出たのを選んでいる訳ではありません。

後パーソナルトレーニングのような

先生と生徒の関係で指導法も言葉で使ったら

個人レッスン
マンツーマンレッスン
マンツーマントレーニング
パーソナルトレーニング
パーソナルレッスン

お稽古、学習塾、運動など

各業種毎で色々な言い方がありますよね。

僕の場合、こういう意味ですよと毎回は言っていないですけど

まず発信する側が◯◯という言葉はこういう意味があってと理解した上で使わないと

「◯◯ってどういう意味ですか?」と聞かれた時にすぐに答えられないんじゃ

じゃ信憑性もないし、説得力もないですよね?

横文字ってなんとなく言葉からイメージができるのもありますが

抽象度が高い言葉ほど案外きちんと分かって使っている人っていないように思います。

これは自戒も込めて。

前置きが長くなりましたが、今日はタイトルである

「パフォーマンスアップ」という言葉を

分かりやすく説明していきたいと思います。

=============

パフォーマンスアップ

=体の動きが良くなった結果

=============

パフォーマンス=体の動き

アップ=今より良い方向に向かうこと

まずこう捉えていただければ良いです。

それを踏まえ

松永のパーソナルトレーニングを受ける事で

「パフォーマンスがアップします」

とここまで説明すると

いきなりパフォーマンスが上がりますよ!

と説明が何もないより

イメージは湧いたかと思います。

つまり

具体的にいうと

・身体が硬く思う様に動かない

・イメージ通りに身体が動いてくれない

・ポーズがうまく決まらない

・動きが安定しない

などです。

これらを

松永のパーソナルトレーニングを受ける事で

解決できるということです。

それが「パフォーマンスがアップする」

ということです。

伝わりましたでしょうか?

スポーツのパフォーマンスアップというとイメージつきますね。

スポーツ選手のインタビューで

「最高のパフォーマンスが出来ました!」

これは言い換えるとその選手が日頃の練習の成果を試合で

最高の良い動き(パフォーマンス)が出来た結果ですよね。

では松永のパーソナルトレーニングに戻ると

具体的にどんな動きがどのように変わるのかを話そうと思います。

松永の代名詞である「姿勢改善

これも「パフォーマンスがアップ」した結果が

「姿勢改善」につながるとも言えます。

別の言葉で松永がブログ内でよく使う

「正しい身体の使い方が身につく」という定義は

パフォーマンスアップという言葉を

日本語で具現化した言葉として使っています。

ではさらにその正しい身体の使い方が身につくと

どうなるかを松永のパーソナルトレーニングを受けたお客様を例に挙げると

①肩こり、腰痛になっている方は間違って癖になっている身体の動き方を

正しい身体の使い方に変わり、肩こり、腰痛が改善された。

②走っていると膝や足が痛くなっていたのが

まず痛くなっている動きをトレーニングによってランニングフォームが変わり

どんなに距離を走って足が痛くならなくなった。

③ヨガのポーズがうまく取れない、ダンスの動きにキレがない。

ヨガのポーズが取れない原因を評価し

身体が硬いとこは柔軟性をあげたり、ダンスのキレがない方は

足裏の踏ん張りが効くように、足指のトレーニングをしたり

関節可動域をアップするストレッチ、トレーニングをして

綺麗なしなやかなポーズが取れるようになった!

ダンスのパフォーマンスが上がった

今例に挙げた

◼︎ダンスのキレが良くなった!

◼︎苦手なヨガのポーズが取れるようになった!

◼︎肩こり、腰痛にならなくなった!

◼︎走っても足が痛くならないフォームを獲得した!

これらの結果が実際に松永のパーソナルトレーニングを受けられ

パフォーマンスが上がった」ことで

変わられました!

特に松永は「足部からのアプローチ」が最も得意です。

・下半身の動きが安定しない

・運動すると足が痛くなる(膝、足首、足裏)

・身体が硬い

など

足からアプローチすることで

負担のかけない立ち方、歩き方

複雑な動き方

を自重でのトレーニングで作っています!

お客様が「パフォーマンスを上げたい」

という言い方で求めてくることはないですが

今あなたが何かしらの身体の動きについて抱えている問題は

パフォーマンスを上げることで解決します!

なので今より動きの精度を上げたい

という方は是非身体が変わる体験をしてください!

最後にいつも読んでいるけど

◯◯(言葉)ってそういえばどういう意味?

というのがありましたら、きちんと説明しますので

気軽に聞いてくださいね!

あなたの抱えている体のパフォーマンスを上げる為の方法をしっかり身につけませんか?

 

============================

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎活動店舗ホームページ

東急スポーツオアシスは【こちら】

フィットネス&スパ モデノは【こちら】

JOYFIT大泉学園は【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定の健康に関する情報、イベント情報、エクササイズ動画、音声なども発信しています。気軽に登録してください!

※只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!

ID:@rtw8871c→追加で完了
URL:http://line.me/ti/p/%40rtw8871c

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中
【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイド→こちらをクリック

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:http://matsunaga-trainer.com

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

関連記事

  1. 【考え方】去年来の再会へ。山の仙人のおじいさまから学んだ「継…

  2. 【心の姿勢改善】「失敗」ってプラスしかないです!

  3. 良いカラダの状態が続いている理由は【悪くなっている原因を全て…

  4. 【考え方】「ためしてガッテン」は解決するものではなく知識を増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ