パーソナルトレーニングが提供できること(パフォーマンスアップ)

みなさまこんにちは

西東京市を中心に多摩地区で出張パーソナルをおこなっています
パーソナルトレーナーの松永大佑です。

本日も初めての方向けにパーソナルトレーナーのお仕事についてご紹介します。
メインの内容は中段よりお読みください

パーソナルトレーナーが行う「パーソナルトレーニング」とはどういうイメージがあるでしょうか?

モデルみたいな体型を目指してダイエットしたり、ボディビルダーみたいな体型を目指してマッチョになったりと「体重を落とす」「筋肉をつける」といったイメージが強いのではないでしょうか?

もちろんその目的に対してのアプローチも可能です。最近ではCMでもたくさん広告されているので「パーソナルトレーナー」という職業もかなり一般にも浸透していると思いますしね。

ただパーソナルトレーニングは上記の見た目の肉体改造だけでなくその他にも様々な目的にアプローチが可能です。

パーソナルトレーナーのお仕事は「1対1のマンツーマンの運動指導であなたのなりたい!(目標、目的)を叶える導き人です!」あなたが望んでいるライフスタイルがずっと続くようお身体に関して完全サポートいたします!

パフォーマンスアップ
スポーツ競技力の向上(マラソンでサブ4、ダンスでブレない体幹作りなど)

一般からスポーツ競技のトップアスリートまでパフォーマンスアップ目的もパーソナルトレーニングを行っています。

スポーツの競技力向上、特に技術力のご相談はその競技が得意なパーソナルトレーナーをしっかり選ぶと良いでしょう!プロフィールなどみてそのトレーナーが学生時代やっていたスポーツは得意分野だと思いますので一度聞いてみてください。

私の場合は現在ランニングクラブで指導もしていますので

・長く楽に走れるコツを教えてほしい

・サブ4(フルマラソン4時間切り)達成したい

・怪我をせずに走れるための体幹作りを教えてほしい 

など一般市民ランナー向けのランニングの指導を得意としています。

 

パフォーマンスアップとはサッカーのボールさばき、バスケのボールコントロール、スケートのターンなど

自分が頭でイメージしてる通りの動き身体ですぐ表現出来ることが自分のなかの最大限のパフォーマンスアップ、結果に繋がりますね。

ただそれが出来なかったり怪我につながってしまうのは、動きのなかでエラーが起きていたり正しい動きが出来ていない可能性が高いです。

何かスポーツを始めようとすると何かとトップ選手の真似をしたり技術を先に追いがちですが(勿論良いことですが)その前に技術に耐えれるベースの筋力、柔軟性がないと怪我につながってしまいます。

パーソナルトレーナーはまずその原因となる動きをチェックし、痛みが出てしまう原因、この時に力が入らない原因を動きのなかでアプローチ、改善していきます。

またランニングで例えますが

・脚の着地の時に痛みがでる⇨足関節のストレッチが必要

・腕振りが左右バラバラ⇨左の肩甲骨を動かすトレーニングが必要

・走ってると腰が落ちてくる⇨お尻を使うトレーニングが必要

などマンツーマンでみれると何故そうなってるのか?ではどうしたら良い?かがわかります。ランニングフォームも100人いれば100通りのフォームがあるのでひとりひとりアプローチも変わっていきます。

ですのでクラブやスクールに通う時間まではない方やしっかりマンツーマンでみてもらい方はパーソナルトレーナーに一度みてもらうのもオススメです!

是非一度ご相談ください。

お問合せはこちらから

パーソナルトレーナー
松永大佑

 

関連記事

  1. 腕があがらないと決めつけていませんか?

  2. グループレッスンとパーソナルトレーニングの大きな違いは○○で…

  3. エクササイズをやることはゴールではなく道筋

  4. スイカ割りと正しく身体を動かすという関係性

  5. 同年代の方が抱えている症状を「年齢だから」と安心していません…

  6. 「動かす」と「動ける」の違いに身をもって感じたお客様の喜びの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ