「座る」はお尻を退化させるトレーニング

西東京・武蔵小金井を中心に活動しています
ひとりでは気付けない間違った動きの癖を見抜き
肩こりに悩まない身体の土台作りを提供します
肩こり改善専門パーソナルトレーナーの松永大佑です。

=========================

あなたは24時間のうち座る時間はどれくらいありますか?

先日、岐阜に出張した帰り新幹線で帰るつもりがトラブルがあり
急遽夜行バスに変更して帰りました。

夜名古屋を出発し、朝方新宿に着くまで6時間の移動でした。

それなりに寝れたのですが
新宿着いて座席から立ち上がろうと思った時

「うっ‥腰が、、身体が伸びない」

久々の経験でした。

お尻はしばらく力が入らないのが分かり
家着いて少し整えようとピラティスで動いても
いつも力が入るとこが全然入らない‥

座りっぱの姿勢でお尻が伸びすぎて
ゴムが伸びきっちゃって弾力がない状態です。

座る姿勢にもよりますが
「座っている状態のお尻は基本ゴムが伸びてる状態が続いている」

と思ってください。

言い方を変えると

「座る」はお尻の筋肉を使いづらくしてしまう姿勢なのです。

 

もっと正確に言うと

お尻の筋肉が低下するというよりかは
お尻の筋肉スイッチをOFFにしてしまうということです。

当然そうなると骨盤周りの筋肉にもアンバランスが出来てしまうので
姿勢も変わってきます。

常にお尻の筋肉がONの状態にしておくことが大事なのです。

ONにしておくためには当然トレーニングが必要ですが
ウエイトをかけなくても自重でのエクササイズで十分です。

例えば

「リバースプランク」

手をついて背骨を真っ直ぐにしてから

お尻を床から持ち上げます!
手首と肩に体重が乗るので上げたら
キープしなくてゆっくりおろしましょう。

5回やるだけでもスイッチ入りますよ。

ホームエクササイズでやってみてください!

特にお尻に力が入らないと立っている姿勢の見栄えが全然違います。

お仕事がデスクワークの方は30分に1回は椅子から立ち上がり
同じ姿勢から解いてください!

デスクワークの方は多分分かっていても
仕事に集中してて気づいたら何時間も座りっぱとか
あるはずです。

いかに6時間座りっぱの姿勢が恐ろしいことが
身を持って感じた夜行バスの旅でした。

長時間座っていないですか?

 

PS:今の夜行バスのクオリティー凄いんです!
  リクライニングシートで電動マッサージチェア付きなのです。(会社による)

  フットレストもあって従来の隣の人に気を遣うとか一切ない快適空間でした!
    あれ‥まさか結構前からそう‥??

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

東急スポーツオアシス武蔵小金井店

パーソナルトレーナー松永大佑の
パーソナルイベント「肩こり・姿勢分析会(無料)」

3月まで実施中

店舗情報はこちらから

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

お問い合わせ、ご予約はこちらから


初回出張レッスンについてはこちらから

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

関連記事

  1. 姿勢には動かす筋肉より保つ筋肉を意識しよう

  2. 見えざる部分に目を!

  3. 姿勢改善とはこの段階まで出来て改善です。

  4. あなたはしゃがめますか?2

  5. ストレッチは運動ではないですか?

  6. 産後の身体作りはまず姿勢から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ