身体を作る場合は長所と短所を同時に補おう!

みなさまこんにちは

阿佐ヶ谷・武蔵小金井を中心に活動しています
ひとりでは気付けない間違った動きの癖を見抜き
肩こりに悩まない身体の土台作りを提供します
肩こり改善専門パーソナルトレーナーの松永大佑です。

=========================

今日のタイトルの長所と短所を思い出すと

面接を思い出しますね。

前職場の面接の時に

「松永さんの強み(長所)は何ですか?」

と聞かれ

「元気な所ですっ!!」

と嘘をついてしまったことを思い出します。笑”

その後送別式の時にちゃんとその事を告白しました。

さて、思い出話はこの辺にして

本題に入ります。

 

姿勢が崩れている時は、筋肉にアンバランスが起きています。

このアンバランスが起きている状態を今日の長所と短所というワードで説明していきます。

 

筋肉の構造には必ず表の筋肉裏の筋肉があります。

分かりやすく、腹筋と背筋、ももの裏(ハムストリングス)とももの前(大腿四頭筋など)

この表と裏が効率よく働くことで身体がスムーズに動けるのです。

 

しかし、身体の非対称の動きを続けていたり、同じ姿勢で長時間いたりすると、働く筋肉と働かない筋肉が出てきます。使う方は一所懸命使い、一方働かない方はどんどん使おうともしなくなってきます。

 

そうすることで、お互いに仲良くしてたのにお互い長所と短所が出来てしまいます。

 

仮に、筋肉の使いすぎた方が長所、全然使っていない方が短所とします。

使いすぎた方は基本固くなって柔軟性が低い状態にあるので
ストレッチして使える状態にしてあげる必要があります。(長所)

使ってない方は、ゴムが伸びきった状態にあるので
筋トレして電源スイッチオンにしてあげる必要があります。(短所)

 

どちらかだけにアプローチするのではなく、それぞれの役割分担を務めてあげれるようにしてあげることで、その部分の筋肉についてる関節がスムーズにいくようになります。

基本硬いところをストレッチする長所のアプローチしている人は多いですが
短所を補うトレーニングをしている人は少ないと思います。

 

また今の状態で本来鍛えないといけない筋肉を伸ばしすぎて力が発揮できてない人もいます。

代表的なのがももの裏のストレッチですね。

長座で楽にできるストレッチなのでよくやりがちですが、現代座る姿勢が長いことで

本来ストレッチしなければいけないのは、ももの前です。

ももの裏は伸ばされているので、こちらは鍛えることで使えるようにした方が良いです。

表裏関係なくストレッチは前提としてした方が良いですが。

今の自分の身体はどこが伸ばした方が良くて、どこが鍛えた方が良いのかは、きちんと見てもらった方が良いですが、まずは片方だけでなくどちらにもアプローチした方が身体が楽に動くので覚えておいてくださいね!

長所だけを伸ばしたり短所だけを補っていませんか?

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

◼︎松永大佑公式LINE@を始めました。

こちらからも健康に関する情報、イベント、動画、音声なども発信します。
気軽に登録してください!解除も可能です。

ID:@rtw8871c→追加で完了
URL:http://line.me/ti/p/%40rtw8871c

◼︎メディア

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中
【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

↓↓登録方法はこちら↓↓

◆Podcastの聴き方◆
   
【iPhoneの場合】
最初から入っているPodcastアプリで「松永大佑」と検索してください。
右上にある「登録」を押してください。
  
【Androidの場合】
«はじめてPodcastをお使いになる方»
以下のCastBoxというアプリをダウンロードして、「松永大佑」と検索してください。
https://goo.gl/IiNqQI

 
【パソコンの場合】
iTunesをダウンロードして、Podcast画面で「松永大佑」と検索してください。
表紙の下にある「購読する」をクリックしてください。
表示はそのままですが、マイPodcastに登録されます。

iTunesページはこちらから↓↓

https://itunes.apple.com/jp/podcast/%E5%A7%BF%E5%8B%A2%E3%81%A7%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B-%E7%96%B2%E3%82%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A%E3%81%AE%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E4%BD%93%E8%82%B2%E5%A1%BE/id1240889720?mt=2

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:http://matsunaga-trainer.com

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

お問い合わせ、ご予約はこちらから


自宅出張指導についての相談はこちらから

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

関連記事

  1. 「姿勢新聞」ジョイフィット大泉学園でも発行中です!

  2. 快適な動きを手に入れたい方がまず意識することは◯◯むこと

  3. 「えっ!今の姿勢まっすぐですか?」

  4. 雪道は足の機能を活性化する?

  5. 姿勢には動かす筋肉より保つ筋肉を意識しよう

  6. スイカ割りと正しく身体を動かすという関係性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ