【挑戦】今までにない体感をしてきました「ハセツネカップ」

いつもお読みいただきありがとうございます!
姿勢改善に特化したピラティス、足育のトレーニングと筋膜整体で痛みのない身体を作る
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
東京小平市のプライベートサロン『姿勢改善ボディルーム』の松永大佑です。
レッスンに興味がある方はこちらからご覧ください!
↓↓↓
https://matsunaga-trainer.com/for-the-first-time-users/


【LINE@登録で美姿勢になれる10分間のエクササイズ動画をプレゼント中🎁】
※現在LINE@に体づくりについての情報を週1~2回配信しています。生活習慣全般のアドバイス、気持ちが前向きになる心のトレーニング記事など、松永からのお知らせやイベントなどの情報はどこよりも早くLINE@で先行で配信しています。情報を受け取るのは無料で、解除もすぐ出来ますので是非登録ください♫
https://line.me/R/ti/p/%40rtw8871c
(アカウント名:パーソナルトレーナー松永大佑)

2023/10/9 18:00 自宅リビングから

こんばんは!公式LINEでも前回ブログにも書きましたが、昨日トレイルランニングのレースに出走してきました。1日経ってその模様を振り返りながら今書いています。色々な事がありすぎましたが今書いてて思ってるのは身体が無事ならなんだってこれから挑戦出来る。身体がどこも痛くなく、普通に身体が動くことって幸せな事なんだなと思います。さて結果は昨日インスタグラムのストーリーには先に報告してますが、詳細を書きたいと思います。

味わった事のない体験。過酷過ぎたハセツネ。

10月8日(日)東京都あきる野市で行われたトレイルランニングレース。

第31回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)通称:ハセツネに出走してきました。

奥多摩の山岳エリアの全域を走る、距離71.5km 累積標高4582m 制限時間24時間以内の日本で最も有名で過酷なコースのハセツネデビュー戦。今年の一番の本命レースに掲げこの日の為に体づくりしていきました。

【結果】

DNF(途中棄権)

途中で低体温症の為、鞘口峠(36km地点)ちょうどコースの半分くらいの所で僕のハセツネデビューは幕を閉じました。

まずは大会関係者の皆さま素晴らしい大会に参加させていただき感謝です。

沿道やボランティアスタッフも雨で寒い中夜通し道の誘導など元気いっぱい声をかけて励ましてくださいました。知り合いも現地に応援に来てくれたり、お客様方にもたくさん背中を押すメッセージをいただいたので良い報告で応えることが出来なかったのは悔しかったです。

怪我をした訳ではないのでご安心ください。今日は1日オフだったので久しぶりにどこも外に出ずに家でゆっくりと過ごしました。

ここから先はどういうレース展開だったのか、途中棄権するまでに起きたハプニング、身体の異変、その時どういう心情だったのか、または対処法など、ほとんど自分の振り返り用として書きましたが興味ある方は読まれてください。

レース振り返り📝

◼️レース当日からスタートまで

✅レースの持ち物はこちら

ウエア類、シューズ、ザック、ギア類(ヘッドライト2個)。

当インソールももちろん履いていきました!今回も最高の足を思う存分発揮してくれました!!

こちらが補給食。前回の投稿で書きましたが、この大会は途中エイドステーションが42km地点で1.5リットルの水分しか支給がないので、途中のカロリーを取る補給食は全て自分で持っていきます。これに水分を3リットルと他にもどら焼きや食べ物も追加して、これを全部ザックに入れて背負って走るので序盤は肩こりになるくらいの重さで走ることになります。補給食は機能性も大事ですが、後半になると受け付けない物って人それぞれあるので、「味」が結構重要です。特に制限はないのでお菓子とかなんでも良いです。僕は内臓がやられると甘い物は受け付けなくなるので今回はシャインマスカットを持っていきました😉こうして改めて写真で見ると遠足に行くみたいですね笑 小学校の遠足は「おやつは300円まで」とかでしたが、今日のおやつはいくらかかってるでしょうか?レースってお金かかるんですよ😂

こちらは緊急用の持ち物です。怪我した時用のテーピング、痛み止め、皮膚の保護系テープ、などのエマージェンシーセット。それから熊鈴、遭難した時用のGPS発見器など基本自己責任ですから。なるべく軽装にしたいのであまり余計なもの持っていきたくないのが本音ですが「これは大丈夫だろう」が命取りになるスポーツなのでしっかり準備して臨みました。

話戻ります。

スタートが13時と遅いのでいつも通りの朝を過ごしました。

軽く散歩がてら近所のごみ拾いをして、身体と気持ちを整え、ピラティスで出発する前に体幹にスイッチも入れて出発。

武蔵五日市駅到着したら、半端ない人と町がこのハセツネの大会を応援してくれてるのが分かる雰囲気。

珍しく平常心ではいられない興奮と雰囲気に飲み込まれて浮き足立ってり自分がいました。

でもいよいよだぞ!と気合も入ってきました。

スタート前。去年は応援で沿道からスタートする選手を送りました。今年は出る側だと気合が入ります。

◼️とても順調だったレース序盤(スタートから第一関門)

目標は12時間切りを目標に各チェックポイント毎でタイムを見ながら進みます。

スタート時は既に雨がポツポツ☂️気温は14度。予想より早く天気が崩れてきました。

気温は涼しく走りやすい気候で飛ばしすぎないように、淡々と前の人の背中追って気づいたらもうあっという間に22km地点の第一関門に着きました。

第一関門の浅間峠(22.8km地点)は計画してた3時30分より15分以上貯金。

2000人中150位くらいで通過。

10時間台後半フィニッシュペースで通過。

(ちなみに10時間台のゴールはトップ100位に入る相当上位のレベルです)

それでも自分のリズムとしてはもう少し前に行きたいなと列の後ろでジッと我慢してたくらい身体は余裕でした。

肝心な水分ですが計画の半分くらい(600mℓ)しか摂ってなかったくらい汗もかかずに快適でした。

ここでトイレ休憩とヘッドライトの準備と補給をサッと済ませて次の第二関門へスタート

◼️徐々に体温を蝕み、真っ暗の山の中で起きた初めての体験(第一関門〜途中棄権)

雨足も強くなり気に守られて直接体に雨が当たることはほぼなかったけど気温は予想してたより低く、腕と首が冷たかったので早々にアームカバーをつける。

内臓はまだ大丈夫だったので咀嚼する固形物を多めに摂り胃を動かすことを意識した補給計画に変更。寒いと感じる前に冷えないように対策はしてました。

なのにどんどん身体は冷えてきて、進む度に体温が奪われてきて身体に確実に異変があり、全身強張り硬直して足が出ない。

さっきまであんなに順調だったのが嘘みたいに動かなくなる。

低体温症だなとなんとなく頭では分かってはいるけど、初めての夜間レースでこの状態だから判断能力や思考も鈍る。経験者のランナーから「真っ暗の山の中は当たり前の判断が出来なくなりやすいから集中ね!」と言われたのを思い出してまさに今それだ、と思いながらも身体が冷えてるから行動に起きづらい。

胸ポケットのすぐ手が出る所に補給食あるのに、、
食べなきゃ動かなくなる事はわかってるのに、、
その所作がめんどくさい。
手が出ない。
ザックおろすという動作がめんどくさい。
足とめたくない←この癖が治らない限りロングレースは無理だなと痛感。

山の真っ暗の中、負の感情に支配されると冷静な状況でいれない事を経験しました。

前後に誰もいなくなった一人ぼっちで頭と腰から照らし道を外れないように足下は慎重だけど冷静に今何をやってるんだと、誰かと話さないと頭おかしくなりそうでした。

迷惑もかけれないし、前に進むのは無理だと判断しました。

進んだ先に誘導していたボランティアスタッフさんにリタイヤの申告したら、ここから三頭山に登って鞘口峠まで降りないとリタイヤ出来ないと言われ、本当に地獄だったのはここからでした。

ここからハセツネで1番キツい長ーい三頭山。ハセツネで一番最高到達地点。
ここ超えないと下山すら出来ない。

この状態で山頂までのあの登りを行くことに絶望。。

行くのも地獄、行かないのも地獄。

足を進めますが気が遠くなるほど長く感じました。

終わってから記録を見たら足止めてないのに1km33分かかってた笑

身震いが止まらずレインウェアだけじゃ寒さが引かないので、レインパンツ取り出そうとしたら手が悴んで滑って崖へ落としてしまいました😢

少しでも気を張っていた心が完全にパキッと音がはっきりなるくらい折れました。。

身体もふらつき一瞬意識飛び、ぐらついた瞬間に意識が戻りガッと岩に支えて滑落を免れる事を何回か繰り返し初めて命の危険を感じました。

休みながらも三頭山に到着した時は心の底から生きて登れて安心しました。

自分が通過した時の三頭山山頂の気温は5℃と言ってました。

その後鞘口峠まで降りてリタイヤを申告して都民の森で救護していただきました。

救護スタッフの方には最後バスに乗る直前まで何時間も凍えてる自分をテントの中でずっと温かい飲み物や毛布など提供してくれたり優しい言葉かけてくださいました。

情けない気持ちと感謝の気持ちで感情がそこで一気に溢れました。ありがとうございました。

走って常々思ったのはハセツネはエイドは(1箇所)ないけどその分応援してくれる人の所が何よりのエイドだなと思いました。

序盤早めに時間巻いてたおかげでその日の内に帰宅出来て一晩明けてもう身体は回復してます。

疲労はまぁ半分しか走ってませんから筋肉の疲れはほとんどありません。

◼️終わって一晩経っての今の心情

憧れてた初めてのハセツネデビュー戦は残念な結果でしたが色々な経験値を積めました。

山の様々な環境下での経験値が無さすぎるので伸びしろという事で次に活かします。

散々な感じでしたが、収穫もありました。

足が攣ることがなかったこと。水分や補給のタイミングは良かった。そのおかげで内臓のダメージはなし。いつもレースが終わるとグロッキーで何も受け付けないけど、今日もちゃんとお腹空いて食べたいもの好きなだけ食べてました!

後なんといっても、転倒やグネリ、怪我は一切なし!肉体のダメージがほぼないのは日頃の鍛えてる成果が出たと思います。姿勢も最後まで崩れることはなかったです。足もしっかり一歩一歩瞬時に凸凹の道を対応しながら走ることができました。

今日の冒頭に書きましたがすぐにまた動き出せる身体には本当に感謝です。

痛みない身体で入れることは当たり前でない。

動けることが活力ですし、身体が資本ですから。

レース最後は酷い状態でしたが

不思議ともう今でもすぐリベンジしたいくらいの気持ちでいます。

最後にお前本当に低体温でリタイヤしたのか?と疑うくらいの笑顔の写真を載せて終わります🤭

来年リベンジしに帰ってくるよ👋来年の自分に向けて😊

はじめてのハセツネおしまい。

明日からまた元気にレッスンでお待ちしています!


――――――――――――――――――――――――

姿勢改善ボディルーム~ピラティス&足育サロン~

●営業時間
平日10:00~19:30
土曜日9:30~19:00

●定休日
日曜、祝日(不定休)

●アクセス
東京都小平市仲町348-1 グランドゥール505

TEL 090-6040-5111
Mail sxdtk378@gmail.com
HP http://matsunaga-trainer.com/

――――――――

~~~~~

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定に身体作りに関する情報、イベント情報、サロンからのお知らせなど発信しています。気軽に登録してください!

※只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!
↓↓
https://lin.ee/gK4CCgs

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイド→こちらをクリック

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

関連記事

  1. 【レース報告】初ウルトラマラソン完走しました!

  2. 【レースレポート】国内屈指のダウンヒルコースで初総合入賞しま…

  3. 【挑戦報告】身体の機能のすべてを使って富士山頂へ!(富士登山…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ