「足」って本当に不思議!!

いつもお読みいただきありがとうございます!

東京の阿佐ヶ谷、武蔵小金井で活動しています
姿勢改善に特化した足育×ピラティスメインのトレーニングで
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
姿勢改善専門パーソナルトレーナーの松永大佑です。

初めましての方はこちらをご覧ください!
↓↓↓
プロフィール

今日は先日の話になりますが、日曜日の休みに身体のお勉強へ行ってきました。

何の勉強しに行ったかというと

「足」です。

私は指導でも足をここ1年こだわって指導しています。

なぜかというと

身体の効果が出すのが早いからです!

特に良い身体の状態を維持しやすいからです。

正確にいうと、私含め本来使って欲しい筋肉を使っている人があまりにも少ないため

相対的にどの場所のアプローチより効果が出るのが早いというとこです。

普段から足裏の筋肉を使っている人は差は出ます。

なので身体の評価をするときは

膝痛や股関節などの痛みや違和感などの改善にはもちろん

肩こりや首の違和感などの上半身の問題も

足は必ず見ます。

足型測定会に参加した方はご存知の前方後方バランステストです。
私もこの後劇的に身体が変わりました!

話は上の写真の勉強の方に戻ると

愛知県にある義肢装具を作る会社が一般向けに足の予防普及活動の一環として

インソールの普及をしており

ここの会社とタッグを組み

足の健康の普及活動に携わって

私もインソールを処方させていただいています。

この会社は足の予防普及活動が経済産業省支援認定として国に認められている企業です。

と言っても私の役割は別にインソールの販売や、営業とかではなく

身体の問題を解決する目的の手段として

足の情報いち早く得れることや問題解決に足をアプローチする手段として

こうして勉強をしているという感じです。

もちろん必要な人にはインソールを処方することもあります。

「足型測定会」はその普及活動のひとつとして開催させていただいています。

少しでも自分の足から健康状態を見直して

今すぐ改善するために必要な事。

そして今から予防できる事。

それが、痛みのない身体作り

今達成したいことにつながる大きな手がかりとなります。

昨日の開催はベーシックよりさらに深く踏み込んだ

アドバンス開催で足のスペシャリストが集まり

足の症例別の評価と改善方法、

特にトレーニングで改善出来ること。

たくさんありました。

自分でいうのもあれですが相当レベルアップしました。

私以外は病院でリハビリを担当している理学療法士や

整骨院を開いている先生でトレーナーは私だけでした。

トレーナーはトレーニングツールやエクササイズ方法に追いがちですが

ツールも最新の器具も姿勢や正しく身体を使えるようになど身体の土台が出来てこそ

そのツールやエクササイズが活きます。

ジムのスタジオレッスンも

新感覚エクササイズや最新のフィットネスエクササイズなど

ジムは大きく謳いますが、そういうのって

バランスが必要な動きが多かったり

道具を使うレッスンなら使いこなせないと

かえって身体に負担がかかるものも多いです。

とパーソナルトレーナーの立場としては余計な心配をしてしまいます。

もちろん私もインストラクターの立場なら

「皆んな是非体験してー!」と思いますよ。

あくまでトレーニングの原理原則の中できちんと身体の評価が出来た上で

そしてその人に合ったエクササイズの処方が大事だとより感じています。

トレーナーも足って足首の柔軟性くらいしか見てない人が多く

細かく診れる人は少ないんじゃないかと思っています。

足の問題はまず整形外科でレントゲンを撮って

その後、治療なのか、運動なのか?

そこまではわかります。

その後の道筋をきちんと教えてくれる人はいますか?

さらに前提として

保険治療で毎回数百円払って、その場を凌いで年を重ねていくのか。

トレーニングをして良い判断で痛みの出ない身体にしっかりしていくのか?

どちらを選ぶかは、基本私が決めることではないと思っています。

よっぽど検討違いな判断をとっている場合は

きちんとお伝えしますが

その人の価値観がそもそも違うので

松永の場合はその判断をするまでは誠心誠意もって悩みをお聞きし

最終決断はお客様に決めてもらっています。

自分自身で決断したことは

少なからず他人に流されながらやるより

しっかり自分の身体と心に正直に行動できると思っているので。

あなたがどうしたいか?です。

もし想いは後者だけど、私にはそれは無理だと思って

行動に移せない方は

まず出来ることを知ってください。

今の自分の頭の考えの中で考えていても無理だと思います。

自分も高校まではそう思っていた人間なので。

だからまず知ることです。

足の問題解決についてその知ることが出来る場を作ろうと思って始めたのが

足型測定会です。

おかげさまで今回で4回目を迎えます。

本音で話すとこの足型測定会も

やらなくても良いと思っています。

普段は1対1で指導しているので

なるべくその方々の時間を作って問題解決をしたいと思っているので。

でもこの足型測定会で話す内容、知識を知っておくだけでも、

将来寝たきりにならずに将来自力歩行出来るくらい

知って欲しいと思う情報だと強く思っていますし

その知るきっかけを作りたいと思っていますので

今回も全力で120分ノンストップでお送りします!

いつも終わった後は喉がカラカラになります。

毎回私自身アップデートをしているので

今回も相当個人別に色々な相談にお答え出来ると思います。

そろそろ参加費を上げないと、過去に参加した方に申し訳ないと思っているくらいです。笑”

具体的にいうなら、足部そのものの問題、外反母趾は特にお伝え出来るかと思います。

なんか話している内に

足型測定会の内容になってきて

どう足が不思議かを全然伝えていなかったですが笑

即時で身体の変化を実感出来ます。

さらにここからが大事で

その後良くなった状態をどうやったら維持出来るか?

そしてなぜそうなってしまったのかの原因を足型を採って

お伝えしますので、それを知りたい方は

以下のページをまずはご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/asigatasokuteikai

そしてマンツーマンで一度見て欲しい

という方はお問い合わせから相談内容をお送りください!

足は「立っている生活する上」の本当の身体の土台です。

============================

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎活動店舗ホームページ

東急スポーツオアシスは【こちら】

フィットネス&スパ モデノは【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定の健康に関する情報、イベント情報、エクササイズ動画、音声なども発信しています。気軽に登録してください!

※只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!

ID:@rtw8871c→追加で完了
URL:http://line.me/ti/p/%40rtw8871c

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中
【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイド→こちらをクリック

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:http://matsunaga-trainer.com

◼︎〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◼︎

関連記事

  1. テレビのファッションコーナーを見て思った「脚が細く見える努力…

  2. 【足型講座終了】足裏はこれまで歩んできた(歩いてきた)歴史の…

  3. 運動習慣だけの「環境」を変えても身体の効果は持続出来ません。…

  4. 足下を見ない人は足下をすくわれます

  5. ランニングは手軽に始める運動ではありません。

  6. 足が動くようになるとお尻は引き締まります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ