【柔軟性】身体を柔らかくする順番

いつもお読みいただきありがとうございます!

東京の大泉学園、武蔵小金井で活動しています
姿勢改善に特化した足育×ピラティスメインのトレーニングで
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
姿勢改善専門パーソナルトレーナーの松永大佑です。

初めましての方はこちらをご覧ください!
↓↓↓
プロフィール


LINE@登録で美姿勢になれる10分間のエクササイズ動画をプレゼント中🎁
現在LINE@に体づくりについての情報を週1~2回配信しています。エクササイズ動画、栄養の知識・食事の摂り方、気持ちが前向きになる心のトレーニング記事など、松永からのお知らせやイベントなどの情報はどこよりも早くLINE@で先行で配信しています。情報を受け取るのは無料で、解除もすぐ出来ますので是非登録ください♫
https://line.me/R/ti/p/%40rtw8871c
(アカウント名:パーソナルトレーナー松永大佑)


【前記】2020/8/3 8:00 自宅部屋から

8月になりましたね!

梅雨もそろそろ終わり、向こう1週間は30度超えの夏本番の気温になってきました。

7月は僕は久しぶりに自転車で怪我をしてトレーニングが積めなかったので、暑いですが体力をつけていきたいと思います。

8月はパーソナルトレーニング指導に加えて、活動店舗のジムで久しぶりにトレーニング講座を開催します。またオンラインでも『足』をテーマに講義をしています。あなたの体づくりが加速する内容をどんどん発信していきますね!

〜〜〜

さて今日は「柔軟性」についてです。

気になるテーマではないでしょうか?

私は、手前味噌ですが

お客様の『身体の柔軟性』を引き出す事が得意です。

パーソナル指導を受けてくださっている方は

一般的な「身体の硬い、柔らかい」の指標となる

『開脚(足パカ)』
『前屈(立って床に手が着く)』
『腰そらし(ブリッジ)』

は大体出来るようになっています。

50歳にして初めて前屈で床に手が着いた方
50歳で初めてペタンとしゃがめるようになった方
60代で開脚が一番開くようになった方

など

『年齢は言い訳出来ない』事が、すでに目の前でたくさん証明されています。

「身体の柔軟性は年を取れば誰でも硬くなるもの」

は『年齢だから』ではなく

歳を取ると運動量(筋肉を使う活動)が少なくなる傾向になる人が多い平均が

「身体の柔軟性は年を取れば硬くなるもの」としているだけです。

ここでたまに出てくる厳しい松永さんは言います。

「動かない人は歳を取っていようがいまいが硬いです😱」

逆に頑張って毎日10分でもストレッチの時間を確保している方は

どんどん変わっていきます!

まずは歳だからと言って諦めないで!

と激励した上で本題の本題に入ります。(まだ本題じゃなかったんかい!笑)

身体を柔らかくするにはアプローチする順番があります。

身体を柔らかくする手段は

「ストレッチ」が有効なのは言うまでもありませんね。

ここは皆共通認識を持っていると思います。

でストレッチをしても変わる人と変わらない人がいます。

この二人は比較が分かりやすいように、同じ年齢、同じ柔軟性として、立位体前屈を同じストレッチの方法で1週間やったとします。

Aさんは変わり、Bさんは変わりませんでした。

実はこの二人の身体には『ある違い』がありました。

それは『関節の歪み』です。

つまり関節(骨と骨のつなぎ目)が本来あるべき所にあるか、ないかで『ストレッチ』の効果が全然違ってきます。

Aさんは、筋肉は硬いですが、各関節はそれぞれ正常な位置にありました。
Bさんは、筋肉の硬さこそAさんと一緒ですが、足首の関節の位置がズレていました。(痛みなどはありません)

そうするとこういう質問をたまに受けます

「ストレッチで骨の歪みを戻せないんですか?」

と言う答えに関しては、自力で戻せる場合もありますが、筋肉が硬さがひどい方は正直言うと難しいです。

ここを得意とする職業が「カイロプラクター」「整体師」ですね。

骨の歪みは正直一般の人は分からないので、ストレッチで正しい方法でやっているのに変わらない方は

一度見てもらった方が良いかもしれません。

じゃ松永はどうやってアプローチしているかというと受けている方分かると思いますが

両方やります。

骨格の位置がズレていれば手技で調整し、その後にストレッチを正しく効かせる為に、ミリ単位で姿勢は修正します。

ストレッチで大事な事は『とにかく効かせ方』です!

に意識を向けないでやらない人はまず間違いなく効かせたい所に効かせられていないと思った方が良いです。

ストレッチは簡単な体勢でどこでも手軽に出来ますが、分かっても出来ているかは身体への効果は月とスッポンくらい違いますので、どういう風にやれば伸びるのか教えてもらってくださいね!

『まとめ』

身体を柔らかくするのに『ストレッチ』は有効。
中々変化が表れない場合は、『関節の歪み』を疑い、出来たらアプローチしてくれる所で一度診てもらいましょう。

とにかくコツコツが何よりの近道です!(←これは本当に!!)

ストレッチは毎日コツコツやりましょう!

~~~~~~~

【後記】

最近の松永のモーニングルーティン
✳️5時起床
✳️5時半〜7時 ランニング(今日は400mダッシュ×5本&5kmジョギング)
✳️7〜8時 家事&朝食(掃除、朝食の準備、奥さんの弁当作り)

最近は8時で30度超えしているので遅くとも7時には家に帰って来れるように逆算して過ごしています。

============================

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎活動店舗ホームページ

東急スポーツオアシスは【こちら】

JOYFIT大泉学園は【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定の健康に関する情報、イベント情報、エクササイズ動画、音声なども発信しています。気軽に登録してください!

只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!

ID@rtw8871c→追加で完了
URL
http://line.me/ti/p/%40rtw8871c

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中
【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイドこちらをクリック

◼︎著書

Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:http://matsunaga-trainer.com

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

関連記事

  1. 【柔軟性】ストレッチの最中「何」を考えているかで効果が大きく…

  2. 【柔軟性】他人のモノサシで「身体の硬さ」を判断するのは危険?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ