【目標】あなたの軸はなんですか?

いつもお読みいただきありがとうございます!
姿勢改善に特化したピラティス、足育のトレーニングと
痛みのない身体を作る筋膜整体で
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
東京小平市のプライベートサロン『姿勢改善ボディルーム』の松永大佑です。

初めましての方はこちらをご覧ください!
↓↓↓
プロフィール


【LINE@登録で美姿勢になれる10分間のエクササイズ動画をプレゼント中🎁】
※現在LINE@に体づくりについての情報を週1~2回配信しています。生活習慣全般のアドバイス、気持ちが前向きになる心のトレーニング記事など、松永からのお知らせやイベントなどの情報はどこよりも早くLINE@で先行で配信しています。情報を受け取るのは無料で、解除もすぐ出来ますので是非登録ください♫
https://line.me/R/ti/p/%40rtw8871c
(アカウント名:パーソナルトレーナー松永大佑)


【まえがき】2021/12/5 17:00 自宅リビング部屋から

こんばんは!今日の松永の日曜は朝小平市のクリーンアップ活動に参加し、朝8時から小平駅周辺のゴミ拾いをし、終わってそのまま電車で多摩湖に行き、『多摩湖月例マラソン』という参加費がエチオピアの孤児院に寄付されるというチャリティマラソンに出場し、多摩湖1週11.9kmを2周練習がてら走ってきました。

〜〜〜〜〜

あなたの「軸」を一緒に見つけてそこに向けて「最適化」していきます!

上の言葉は最後に読んでいただくと、分かると思います。

ちなみにもう少し解像度を上げて書くと

あなたが本当にやりたい事(叶えたい事)に合わせて、松永がそこに向けての全ての生活や身体を作る為のアドバイス、サポートをします。

お客様との一例を交えてお話します。ジムに通っている方は共感する方多いんじゃないかなと思います😌

今サロンに通われて約4ヶ月経つお客様で「趣味で大好きなダンス教室に通われています。

50代女性のお客様です。
※お話の中身の承諾は得ています。

この方は過去の膝の古傷でダンスをすると痛くなる時があるので、「ダンスをしても膝が痛くならないようにしたい!」と現在通われています。

膝が痛くない時はダンスのレッスンに週5回(1回のレッスンは45分)出ていました。

しかし、膝が痛くなってからは週5回の内、強度が低いのを選んで週2回に抑えてその空いた時間に整骨院で治療してもらっていました。

という状態でウチにいらしました。

その話を最初に聞いてとても合理的だなと思って感心しました。

ダンスは膝に負荷がどうしたってかかるものですから、その負荷のかかる活動を抑えて、ケアに努めている訳ですから。やっている事は合理的でご自身の身体を客観的に見れる方だなと。

そのお話を聞いた上で僕は質問しました。

松永「一番の理想はどういう状態ですか?」

お客様「膝を治せれば一番理想ですけど、歳も歳だからもう無茶しない程度に動ければ良いです」と。

で僕またお聞きしました。

松永「ダンスは週2回と週5回ならどっちの方が良いですか?」

お客様「それは週5回の方が良いし、なんならもっと出たいのもあるんです笑」

松永「なら週5回出ても丈夫な体づくりをしませんか?」

とこんな話を繰り返して意志を決めて、トレーニングを一緒に頑張って続けて

週5回出ても大丈夫くらいまでになりました👏

今はマシンのピラティスにはまってくださって、今も週1通われています。

お客様との話はここまで

先ほどのカウンセリングのやりとりで僕はお客様の何を知りたかったかというと

冒頭で話した「軸」です。

軸という言葉を噛み砕くと「本当に叶えたい事」「目的」です。

今回のお客様の場合は

週2回で良いのと週5回やりたいでは

運動指導の頻度もメニューも当然ながら変わります。

週5回のレッスンを週2回に減らして、今後の身体の健康のことも考えて身体の消耗を抑える。

というサロンにいらっしゃる前の考え方も一つの正解です。

それがご本人の望みであればそれが「軸」で、それに向けて身体とうまく付き合っていけば良いと思います。

ただ僕が気になったのは、「こんなに今ダンスにのめり込んで楽しい事ないんです」とキラキラした目で話していたんです。

少し大きな話になってしまいますが、人間健康でいるためだけに生きている訳ではないと思います。

人生一度きりなので今その瞬間『楽しい!』と思う事に取り組んでいる事、熱中になっていることには是非その為のやることさえも充実して楽しんでもらいたいなと思っています。

それが出来る為の体づくりからのサポートが出来ればと受けてくださっているお客様には思っているので、だから今回のお客様にも歳だからとか可能性を捨てずに頑張りませんか?と背中を押させてもらいました。

全てのやることには「軸」がないと何をするかが決まらないですよね?

軸がない合理的な理由は正しいけどつまらないです。

50歳を超えて、ダンスで身体を酷使するより、もう落ち着いて怪我しないように努めると、健康を考えるなら合理的です。

じゃあ、ダンスが好きでしょうがない人にとってそのダンスをする時間を奪うのは体への良い影響以上に、今楽しいと思う生きがいと選択肢を失う悪影響の方が大きいと僕は思います。(※これは価値観だと思います)

幸せ度で考えたら、やりたい事を我慢する正しい事の方が非合理だと思います。

もちろん週5回レッスンが出れる為の体づくりをするのだから、それなりにこれまで以上に頑張る事は増えるし、生活の中でも気をつけなければいけないポイントは多々あります。ご本人にはそれも伝えて納得した上でスタートしました!

週5回の運動強度を天秤にかけて、耐える筋力とケアが上回らないと身体は良くなっていかないですから。

でもご本人は何が叶うのが一番幸せで、生きがいなのかは

「今熱中してる大好きなダンスをしている時間が増える事」ですから

レッスン中はきついーと言う事もしばしばですが笑

いつもキツくなった時は「これも何のためですか?」と言葉がけしながら頑張ったおかげで、膝が痛む事はほぼなくなりました😊

今日の内容であなたへの質問は

「あなたの頭の中にある可能性の有無みたいなのは一度横において、今一番叶えたい事はなんですか?」

何を達成したいですか?
何が出来るようになりたいですか?

その答えがあなたの「軸」です。

何かをするときにすぐ合理的な理由を考えてしまうと、選択肢が少なくなります。

合理的な理由から軸を決めるのではなく、軸を見つけて合理的にやっていく方が人生は充実しますよ!

そのお手伝いが松永の役割だと思っています。

これはグループレッスンでは絶対に分からないので、今日のお話は僕がパーソナルにシフトしていった理由でもあります。

これが松永の仕事の「軸」です。

あなたの軸はなんですか?決まっていないままなんとなく日々過ごしていませんか?

〜〜〜〜〜

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎活動店舗ホームページ

JOYFIT大泉学園は【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定の健康に関する情報、イベント情報、エクササイズ動画、音声なども発信しています。気軽に登録してください!

※只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!
↓↓

友だち追加

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイド→こちらをクリック

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:http://matsunaga-trainer.com

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

関連記事

  1. 短冊にお願い事を書いてもらいました!

  2. トレーニングは週1回と週2回どちらが良いですか?

  3. 土台作りのゴールはどこ?

  4. 感謝の意を込めて

  5. グループレッスンとパーソナルトレーニングの大きな違いは○○で…

  6. しゃがめない人の増加と便器の発達の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ