【レース報告】諦めないで良かった

いつもお読みいただきありがとうございます!
姿勢改善に特化したピラティス、足育のトレーニングと
痛みのない身体を作る筋膜整体で
10歳若く見られる美姿勢と一生モノの健康の身体を作る
東京小平市のプライベートサロン『姿勢改善ボディルーム』の松永大佑です。

初めましての方はこちらをご覧ください!
↓↓↓
プロフィール

【LINE@登録で美姿勢になれる10分間のエクササイズ動画をプレゼント中🎁】
※現在LINE@に体づくりについての情報を週1~2回配信しています。生活習慣全般のアドバイス、気持ちが前向きになる心のトレーニング記事など、松永からのお知らせやイベントなどの情報はどこよりも早くLINE@で先行で配信しています。情報を受け取るのは無料で、解除もすぐ出来ますので是非登録ください♫
https://line.me/R/ti/p/%40rtw8871c
(アカウント名:パーソナルトレーナー松永大佑)

2022/10/24 9:30 自宅リビングから

おはようございます!先日公式LINEには投稿しましたが、昨日トレイルランニングのスカイランニング日本選手権大会に出場してきました!レースは本題で書くとして、書きたかったのは高速バスの快適さにびっくりしたことです!笑(昔のもっとぎゅうぎゅうをイメージしてたらとんでもない!🙆‍♂️)個人的にはバスより鉄道が好きなので遠征は新幹線を選んじゃいますが(ちなみに飛行機は嫌いw)長野に関しては所要時間はそこまで変わらず車内の快適さで値段が半額で行けちゃうので日中の移動はバスも良いです。「高速バス良い」という話でした笑。本題です。

自分にとってこれまで何かを成し遂げた時の事を振り返って読んでください。

2022年10月23日。トレイルランニングというスポーツの中でも標高が高い山域で行われるスカイレースの日本選手権(志賀高原エクストリームトレイル)に出場してきました。

〜志賀高原エクストリームの大会の特徴〜
①舞台はスキー場で有名な長野県志賀高原のスキーゲレンデとその山域が大会のコース
②コース全体標高が高い。(スタート地点の標高が1700m、コース最高は横手山山頂の2300m、前半の山岳セッションは標高2000m以上が15kmも続く)
③ゲレンデの激上り激下りが4つもあるので脚への負担が半端ない
④それらのタフコースの辛さを吹き飛ばす紅葉が素晴らしい!

もう昨日のハイライトがYouTubeにアップされてました。
昨日自分ここ走ったんだと感慨にふけます😭
↓↓
https://youtu.be/Rhxfz9XeoJc

まず結果です。

🏃‍♂️志賀高原エクストリームトレイル(ロング55km 累積標高2927m)

⌚️フィニッシュタイム:8時間43分05秒
🏅順位:総合27位(200人中)※年代別7位

▼レースエントリーからレース当日までの簡単な経緯と意気込み

この大会が自分の今年一番のビックレースでした。

この大会にエントリーしたのが今年7月です。

7月にエントリーした時点でのトレイル大会でのレース経験は「32kmまでの距離」しか出たことありませんでした。フルマラソンですら42kmです。55kmをしかも全国屈指の難コースなどいくら日頃から鍛錬していたって未知の挑戦です。なのでエントリーした時点では完走すら出来るか分からない状態でここから約3ヶ月でどれだけ身体作って自信持って当日臨めるかという意気込みでスタートした矢先のコロナ感染でした。

8月のお盆に感染し、療養後初めての散歩で300mで座り込む所から2ヶ月でなんとかこれだったら完走は出来そう!と言える所まで身体を作りました。

前日エントリー(前泊)が必須なので、土曜日のサロンはお休みにしました。
(いつも土曜日にレッスンの方々ご理解ありがとうございました!)

夕方スタート会場のすぐそばの宿に泊まり、レースは朝5時スタートなので前日は21時に就寝、翌朝2時に起床して、テーピングやストレッチなど準備万全に準備していざスタート会場へ!

テーピングは足首(かなり強めに)と膝(お皿全体)と右腸腰筋(太ももの付け根)の3箇所に貼りました。

レースの準備体操で必ずやる「フットプラス🦶」遠征でも必ず持っていきます。トレイルは不整地なので足首を保護するテーピングもしますが、足裏のアーチを支える細かな筋肉をいかに刺激を与えるかで捻挫予防や足の疲れ軽減に繋がります!ちなみに今回も55kmの長旅で足首を捻ったり、転倒したり1回もありませんでした!フットプラスの効果は絶大です!持っている皆さんやってますか!?

あと靴にはうちでも取り扱ってるオーダーメイドのインソールも履いて。今回もしっかりとシューズとフィットして自分の足の力を存分に発揮できました!足の力、インソール、シューズの3つが全て噛み合って最高のパフォーマンスが出せると確信しました!

スタート15分前(4:45)気温は2度。天候は曇り、雨予報だったのが晴れに!この時の真っ暗の夜空の星がプラネタリウムで見ているくらい無数に輝いていて感動しました✨

夜明け前なのでヘッドライトを付けて走ります。上の動画の最初にチラッと映ってますがスタートのゲレンデ登りから始まるので選手の列がヘッドライトの道となってるのも感動します。富士登山された方なら見たことあると思います。

予定通り5時スタート。ここからは写真で雰囲気をどうぞ。

夜明けから志賀高原の山々からの差し込む朝陽を横目に走る最高のごほうびです!早起きの特権(早すぎだけど笑)

10km地点。コースで一番の絶景ポイント✨ただしかなり急峻な場所で看板にありますが落ちたら逝きます。赤石山(2100m)ののぞき付近で遠くに見えてるのが大沼池です。

キツいゲレンデにはクスッと笑っちゃうメッセージ看板がいくつもあります。
ここで面白かった記憶にあるメッセージカードをいくつか紹介。
「ふくらはぎに幸あれ」「ハムストリングスが喜んでる〜♪」「登っていないと念じてみよう」「ここで立ち止まったらビールが遠のく」「聞いてないよと言わないで」

「このコース考えたのあなたたちでしょ」とか思いながら「それに出てるのはお前だろ」と一人突っ込みしてました笑

登り方っていろいろあるのご存知ですか?ただ頑張って登るんじゃないの?と思うかもしれませんが

大腿四頭筋メインの登り方
臀筋メインの登り方
ふくらはぎメインの登り方

って微妙にメインに使う筋肉を残り距離と体力と相談して使い分けながら登ります。

この登り方はベースの「姿勢」が出来ているからこそ効率よく省エネで進むことが出来ます!

中盤は比較的フラットな地面が紅葉のフカフカトレイル🍁シナノキ自然歩道といってこんな感じが7kmほど続きます。

40km通過。トレランのレースは既に最長距離です。もうこの時点で全身疲労困憊でした。後15km。ここで2週間絶っていたカフェインを発揮する時!ここのエイドでコーラやカフェイン入りのエネルギージェルを胃にぶち込み(笑)このあと本当に生き返りました👍

ここまで散々苦しめてきて、もう脚が棒の状態の49km地点で最後の最後に現れる名物のラスボス「サンバレー」のゲレンデ。写真じゃ伝わらないかもしれませんが完全に「壁」です。まっすぐ立ってもいられません。このゲレンデで1km20分かかりました^^; 上見ても後ろ振り返ってもランナーが見えます。見えちゃうのが嫌で「前に見える人と1回位置をチェンジ出来るドラえもんの道具とかないかな」とかバカみたいな発想になり、もう思考までおかしくなっていました🤣

ゲレンデを登りきったら池や湿原などこれまた信州の自然を堪能しながら振り絞ってゴールに向かいます。この辺は観光客やハイカーの方も多くたくさん応援していただき元気いただきました!

そして、、🏃‍♂️

距離55km、8時間強の志賀高原の長旅を大きな怪我もなく笑顔でゴールすることができました。

順位などの目標は特にありませんでしたが、記録は充分に満足です!

▼リザルト
http://www.nature-scene.net/shiga_ex/result/result2022_55km_m.pdf

〜感想(今回の出場での気づきや得たこと、伝えたい事)〜

まずトータル最高に楽しかったです!人生最長距離、最長時間でした。

8時間身体を動かし続けながら、自分の身体とずっと対話し続けました。

その中でキツい時でも途中でリタイヤしようとは一度も思わなかったです。

それは一緒に戦っているランナーの背中、スタッフやボランティアの熱い応援、そしてこの志賀高原の景色、これらが幾度となく苦しい時にも鼓舞することが出来た要因です。

お客様や友人、ランナー仲間からの応援も大きな力になりました。

レース中に着けてる時計はスマートフォンと連動しているので通知が時計のディスプレイに表示されるようにしてるのでスマホ取り出さなくても、リアルタイムに入った応援メッセージが走りながら見ることが出来ます。

身体が極限状態の時の「ファイト!」「頑張れー」などメッセージって情報はテキストなのに目の前で声かけてくれるような錯覚になり、その時だけ本当に身体って動くんです。毎回同じような感覚があっても今回ほど感じた事はなかったです。

人と繋がっている事のありがたみと体と心ってリンクしてるんだなと改めて感じた1日でした。

ゴールした瞬間の一番湧き上がった感情は

「ここまで諦めないでよかった」

諦めないで良かったというのは2つあって

一つはこの55kmを途中でリタイヤせず完走できた事。

そしてもう一つは冒頭に書きましたが

「コロナでの体力低下を理由に棄権することをやめないで良かった」

ここまでの道のりまでも含めて、ラスト1kmくらいのメッセージ看板に

#長旅ごくろうさま
#志賀高原にきてくれてありがとう
#アンタはエクストリーマー(※)

※エクストリーマー
この大会名でもあるエクストリーム(過酷という意味)を完走した称号

このメッセージ看板を見てここまでの取り組みの努力が報われたとどわーっと一気に感情が駆け巡りびっこ引きながらでしたが感極まりました😢

最後のフィニッシュゲートが見えた瞬間も泣きそうになりましたが「笑顔でゴールする」と自分と約束したので涙をこらえて笑顔でゴールできました😭(👈泣いてるやん笑)

来年は、、、もちろん出る!😁👍

最後に、、

やりたいと思ったらまず「やる」と決断する。
やらない理由を並べない。
やる前になぜ出来ないと決めつける?
やると決めたらいろいろな選択肢が生まれる
やると決めない限りやる道はない。(いつかはいつかで終わる)
決断するから動き出せる。
動き出したら計画をする。
計画が計画のまま終わらないように環境を作る。
そしてその努力を楽しむ!ワクワクする!
一歩一歩前に進んでると自分を信じる!
達成出来たら、叶ったらどんな自分が待ってる?!

考え過ぎないでまずやってみよう!

ここまで見てくださってありがとうございました!

【あとがき】

レース前日、長野善光寺にてサロンオープン前に同じ場所で購入した健康だるまのお焚き上げいたしました。

サロンにお越しのお客様はご存知出窓でずっと見守ってくれてた緑のだるまです。

お役目ありがとうございました😊

引き続きお客様方の健康のサポートに尽力して参ります。

――――――――――――――――――――――――

姿勢改善ボディルーム~ピラティス&足育サロン~

●営業時間
平日10:00~19:30
土曜日9:30~19:00

●定休日
日曜、祝日(不定休)

●アクセス
東京都小平市仲町348-1 グランドゥール505

TEL 090-6040-5111
Mail sxdtk378@gmail.com
HP http://matsunaga-trainer.com/

――――――――

~~~~~

◯お問い合わせは【こちら】

◯ご予約は【こちら】

◼︎松永大佑公式LINE@

LINE@登録者限定の健康に関する情報、イベント情報、エクササイズ動画、音声なども発信しています。気軽に登録してください!

※只今LINE@に登録した方には、朝活10分美姿勢ワークアウト動画を無料でプレゼント中!
↓↓

◼︎ネットラジオ(Podcast)配信中!!

Appleネットラジオ番組-Podcast配信中【姿勢で変わる!疲れ知らずの身体を作る体育塾】

疲れない身体を作るための姿勢や正しい身体の使い方を
無料音声でお届けしています。

登録方法、聴き方ガイド→こちらをクリック

◼︎著書

【Amazon人気度ランキング総合1位を獲得!電子書籍初出版作】
「癖に気付けば肩こりは治せる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B071NXDTNC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1494635535&sr=8-1&keywords=松永大佑

【自身電子書籍2作目:健康・家庭医学部門2位、ダイエット部門5位獲得!】
「仕事の質は「姿勢」で決まる:500円」
https://www.amazon.co.jp/dp/B074G3WJ1M/ref=cm_sw_r_fa_dp_t2_S57Gzb3H8J2FE

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

パーソナルトレーナー
松永大佑
Mail :sxdtk378@gmail.com
TEL :090-6040-5111
HP:https://matsunaga-trainer.com

◼︎~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~◼︎

関連記事

  1. 【裏話】この1年実は色々な事がありました

  2. あなたの今年の漢字を一言で表すと何ですか?

  3. 【お客様向け】過去のホームエクササイズ動画をまとめて観る方法…

  4. 2019年もありがとうございました!

  5. 【感謝】オープンして1周年を迎えることが出来ました

  6. 【休日】上野にお立ち寄りの際はぜひ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

IMG_3256

パーソナルトレーナー 松永 大佑(Matsunaga Daisuke)

プロフィールはこちらから

Podcast 公式ネットラジオ配信中

公式LINE@

友だち追加
@rtw8871c

アーカイブ